男性

ちょっとした事故も危険!椎間板ヘルニアは犬にとって大変な病気です

小さく可愛いプードル

飼い主と犬

ティーカッププードルを飼いたいのなら、親のサイズを確認してから購入することをお勧めします。そのためには、ブリーダーを利用するのが1番なので、親のサイズと値段をチェックして、理想のティーカッププードルを見つけましょう。

人と同じが望ましい

お墓

犬や猫などのペットが増えるにつれ、ペットロスに陥る人も増えています。そうならないためには、ペット供養をしっかりすることが一番です。業者も増えてきていますので、信頼して任せられるところかどうかを自分でしっかり調べるなど、気を付けるべき点もまだまだ多いといえます。

原因を知って対策を打とう

獣医と飼い主

異変に気付いたら

犬でも人間と同様に、椎間板ヘルニアになるリスクがあるというのをご存知でしたか。ですので、少し歩き方がおかしいのではないかと感じたり、運動をさせようとしても、嫌がるようなそぶりを見せた場合には、足に何らかの異常をきたしている可能性があります。椎間板ヘルニアは、交通事故や高い所から落下をしてしまい、それが原因で中の髄核が飛び出してしまう事で引き起こされます。また、それ以外にも、肥満気味の犬や老化により引き起こされることもあります。ミニチュアダックスフンドのように、胴長の犬の場合、背骨に負担が掛かりやすい事から、通常の犬よりも椎間板ヘルニアになりやすいとも言われています。ペットは自分から痛いとは言えませんので、飼い主は常に状態を見てあげましょう。

直ぐに病院へ

犬の椎間板ヘルニアは、軽度の場合であれば症状の軽減を目的とした治療が行われます。非ステロイド系の薬や抗炎症薬を投与することで、痛みの軽減をしつつ、椎間板ヘルニアを悪化させないように運動制限などを行います。症状が良くなって来たら、徐々に運動を行って肥満解消を目指していきます。このように、症状が軽度であれば、治療も簡単に行えますので、犬に負担を掛ける事はありません。逆になかなか病院へ連れて行かずに、重症になった場合には、手術療法を行い、飛び出してしまった髄核を物理的に取り除く必要が出てきます。すると、手術を受ける事のリスクなどが犬に掛かってきますので、非常に大変です。もしもペットに少しでも何らかの異変を感じましたら、直ぐにでも病院に連れていくようにしましょう。

動物が好きなら

子イヌ

ブリーダーになると様々な動物たちの世話や躾を行っていくことになります。特に躾はどちらが上の立場なのかをわからせる必要がありますので、仕事を覚えていく過程で、効率の良い方法を見つけていかれるといいでしょう。